熊野古道なかへち
とがの木茶屋 平安衣装 大銀杏 牛馬童子 野中の清水 ちかの平安の郷
大銀杏 ようこそ中辺路参詣道 English here
 
トップページ
世界遺産・熊野古道
熊野古道・交通案内
古道での休憩と宿泊
きよっぴーイラスト
平安衣装でパチリ
トピックス
中辺路のみどころ
お問い合わせ

私達がご案内いたします

なかへち歳時記
中辺路への交通
和歌山県文化遺産課
わかやま観光情報
田辺探訪
熊野古道レポート
リンク集
 

 


清姫の里

 なかへちには伝説「道成寺物語」の清姫にまつわるたくさんの遺跡があります。
 清姫が水垢離をとったという「清姫渕」、その時衣を掛けた「衣掛松」、安珍の帰りを待った「清姫のぞき橋」、水鏡にした「鏡岩」、蛇となってその幹をねじた「捻じ木の杉」があります。


清姫茶屋

清姫茶屋 清姫の故郷で、富田川沿いに立つかやぶき屋根が目印のお店です。
 ここでは、山菜や川魚などの山の幸を使った料理が楽しめます。ドライブの休憩にも最適です。

清姫まつり

清姫まつり なかへちでの、夏の大イベント、「安珍と清姫」をテーマにした清姫まつりが、富田川真砂の河原で、毎年7月末頃に開催されます。
 清姫が化身し、龍となり火を吹きながら川を昇る姿や、清姫情炎や柱松(たいまつ)との火が夜空を彩る姿は、とても華やかで、美しい光景です。


清姫渕

清姫渕


清姫の墓

清姫の墓




道成寺物語
 平安初期(908)真砂の庄屋、清重の一人娘として清姫は生まれました。清姫は清らかで男たちのあこがれの的でした。
 縁談は降るようにありましたが、清姫は奥州白河の「安珍」という僧に想いを寄せていました。でもその思いは 、悲しくも裏切られてしまうのでした。
 深く心を傷つけた清姫は大蛇に姿を変えてまで、道成寺の鐘の中に隠れた「安珍」を追ったのでした。
 この安珍と清姫の悲恋の伝説が、「道成寺物語」として世に広まりました。





(C) Copyrights 2007中辺路町観光協会 All Rights Reserved.
紀伊山地の霊場と参詣道ロゴ