熊野古道なかへち
とがの木茶屋 平安衣装 大銀杏 牛馬童子 野中の清水 ちかの平安の郷
大銀杏 ようこそ中辺路参詣道 English here
 
トップページ
世界遺産・熊野古道
熊野古道・交通案内
古道での休憩と宿泊
きよっぴーイラスト
平安衣装でパチリ
トピックス
中辺路のみどころ
お問い合わせ

私達がご案内いたします

なかへち歳時記
中辺路への交通
和歌山県文化遺産課
わかやま観光情報
田辺探訪
熊野古道レポート
リンク集
 

 


野中の一方杉

 熊野古道の継桜王子境内に、杉の樹齢800年の巨木があります。南向きだけに枝を伸ばしていることから「野中の一方杉」と呼ばれており、県の天然記念物に指定されています。
老木の空洞は、優に20人の大人が入れるほどの広さがあります。

 10本近くあるうち、最大のものは幹の周りがおよそ8mもあります。
みな同じように、南にある熊野那智大社を慕うように枝を伸ばしているので、一方杉と呼ばれているわけです。この不思議な現象は、生物の生態を知る上でも貴重なものと言われています。

一方杉写真


野中の獅子舞野中の獅子舞
 なかへちの近野神社や継桜王子へ奉納される獅子舞で、約700年の歴史を持つ貴重な伝統芸能です。
 昭和46年には、県無形文化財に指定されています。

南北朝時代の初期、 近露の野長瀬(のながせ)一族が大塔宮護良親王の御軍に出陣する際のはなむけに舞ったと伝えられています。
 以来、郷土の平安を願って舞を演じ継がれています。

 ●開催日時/毎年11月3日、1月2日、3日
 ●開催場所/田辺市中辺路町近野地区(近野神社、継桜王子)ほか





(C) Copyrights 2007中辺路町観光協会 All Rights Reserved.
紀伊山地の霊場と参詣道ロゴ