熊野古道なかへち
とがの木茶屋 平安衣装 大銀杏 牛馬童子 野中の清水 ちかの平安の郷
大銀杏 ようこそ中辺路参詣道 English here
 
トップページ
世界遺産・熊野古道
熊野古道・交通案内
古道での休憩と宿泊
きよっぴーイラスト
平安衣装でパチリ
トピックス
中辺路のみどころ
お問い合わせ

私達がご案内いたします

なかへち歳時記
中辺路への交通
和歌山県文化遺産課
わかやま観光情報
田辺探訪
熊野古道レポート
リンク集
 

 


野中の清水

古来一度も枯れたことのない湧水で、清水は道下の養命寺の近くを流れ、野中川に注がれています。
日本名水百選のひとつにも選ばれています。

 県指定文化財の名木「野中の一方杉」の繁る継桜王子の近くにあり、いにしえから、熊野詣の旅人の給水ポイントとなっていたようです。
 ここを訪れた旅人の多くが、湧水との縁を歌枕に数々の歌や句を残しています。

「いにしへのすめらみかども中辺路を 越えたまひたりのころう真清水」

歌人 斎藤茂吉もこの清水に魅了され、昭和9年にこの歌を詠んでいます。

野中の清水写真






(C) Copyrights 2007中辺路町観光協会 All Rights Reserved.
紀伊山地の霊場と参詣道ロゴ