熊野古道なかへち
とがの木茶屋 平安衣装 大銀杏 牛馬童子 野中の清水 ちかの平安の郷
大銀杏 ようこそ中辺路参詣道 English here
 
トップページ
世界遺産・熊野古道
熊野古道・交通案内
古道での休憩と宿泊
きよっぴーイラスト
平安衣装でパチリ
トピックス
中辺路のみどころ
お問い合わせ

私達がご案内いたします

なかへち歳時記
中辺路への交通
和歌山県文化遺産課
わかやま観光情報
田辺探訪
熊野古道レポート
リンク集
 

 


福定の大銀杏

大銀杏写真1 福定の宝泉寺境内にある樹齢、推定400年の大銀杏は、町指定天然記念物とされています。
 幹の周囲5.3メートル、高さは22メートル。根元から高さ4メートルで幹が数本に分かれ、千本銀杏とも呼ばれています。大銀杏写真2
  国道311号線から見ても紅葉の頃には、はっきり見つけられるその姿は、山の木々の間から、こんもりと、黄金色に光ってそびえています。
 見ごろは、毎年10月下旬〜11月中旬頃で、この福定の大銀杏の紅葉を楽しみながら、熊野古道を歩く人々が増えてきています。




(C) Copyrights 2007中辺路町観光協会 All Rights Reserved.
紀伊山地の霊場と参詣道ロゴ